私が、積極的に経営コンサルタントと名乗らない理由

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は、『経営コンサルタント』について、お話ししたいと思います。

経営コンサルタントとは、企業経営に関する相談を受け、指導や助言を行うことを専門とする人のことです。

そうであるなら、私は経営相談を生業としているつもりですので、私は経営コンサルタントということになろうかと思います。

ただ、私は、積極的には、経営コンサルタントと名乗っていません。

私は、経営コンサルタントか?・・・

私の名刺には、『公認会計士』『税理士』『中小企業診断士』と記載しています。 

ちなみに、『中小企業診断士』は、事実上、経営コンサルタント能力に関する国家資格みたいな感じになっています。

あと、社会保険労務士試験には合格しており、他の登録に必要な要件も満たしてはいますが、こちらについて登録していないので、私は『社会保険労務士』ではありません。 

(私をよく知る人達が、間違って、他の方に、そう紹介してしまうので、念のため。)

実は、経営コンサルタントを名乗るには、特別な資格は要りません。

経営コンサルタントに関する業務は、独占業務ではないからです。

ですから、上述の『中小企業診断士』の資格がなくても、経営コンサルタントを行うことはできますし、おそらく『中小企業診断士』の資格を有しない経営コンサルタントの方が多数だと思います。

その点、『公認会計士』や『税理士』などの国家資格の多くは、難関な試験に合格しないといけませんし、資格を名乗るためには、更に、一定の実務要件が必要とされます。 

つまり、一定水準以上の知識と経験があることが、法律によって要請されており、だからこそ、独占業務の特権が与えられているのです。

但し、誤解はしないでください。

私が、経営コンサルタントと積極的に名乗らないのは、私の経営コンサルタントに対するイメージがよくないからだけではありません。

事実、大手のコンサルティングファームの社会に対する貢献度は大きいと思っていますし、大手のコンサルティングファームに就職するには、かなり優秀な人でないと入れないことも知っているつもりです。

私が、経営コンサルタントと積極的に名乗らないのは、私が提唱している『士業コンシェルジュ』というコンセプトに基づく経営相談業務というのは、実は、正確には、経営コンサルティングとは言えないのではないかと考えているからです。

もともと、『士業コンシェルジュ』というコンセプトは、大会社や上場会社における、『経営企画室』や『社長室』と呼ばれる部署の仕事をイメージして形作ったものです。

そこで働く人たちに求められるのは、『スペシャリスト』としての能力ではなく、『ゼネラリスト』としての能力なのです。

スペシャリストとしての能力と、ゼネラリストとしての能力は、違うものです。

そういう点から考えると、士業も経営コンサルタントも『スペシャリスト』であり、両者は『ゼネラリスト』ではないのです。

ただ、私が、『公認会計士』『税理士』『中小企業診断士』であることは事実です。

ですから、とりあえず、士業を名乗り、経営コンサルタントについては、任意のものなので、積極的には名乗っていないというのが正確な理由なのです。

白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」が、『経営相談』に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。