士業やコンサルタントの視点と経営者の視点!

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は、視点が違うと、同じものを見ているようで、実は全然違うものを見ているということを、話してみたいと思います。

経営課題に対する士業やコンサルタントの視点と、経営者の視点は同じか?

『士業』や『コンサルタント』の場合、それぞれの『士業』や『コンサルタント』の専門としている視点から、問題解決をしようというバイアスが、当然かかっています。

例えば『公認会計士』というのは、会計・財務の専門家のことですから、会計・財務の視点から考えてしまうでしょうし、『税理士』というのは、税務の専門家のことですから、税務の視点から考えてしまうわけです。

ところが、『経営者』の場合、会計・財務の視点とか、税務の視点といったような視点は、特に意識することはないと思います。

なぜなら、会社経営を行うに当たっては、それらは渾然一体となっていることが多いため、これらを区分することに、あまり意味がないためです。

それよりも、経営者にとっては、例えば『事業再生』や『事業承継』、『経営革新』といったテーマごとの視点の方がしっくりくるのではないでしょうか?

そのため、最近では、○○専門というようなことを謳っている『士業』や『コンサルタント』も多くなってきました。

けれども、私個人の感想としては、『経営者』が期待しているような、一つのテーマについて、全てをカバーできている『士業』や『コンサルタント』は、ほとんどいないと思っています。 

例えば、ある税理士の方が『事業承継』が専門であると謳っているとしましょう。

しかし、税理士というのは、税務の専門家のことであり、『事業承継』を専門にしていると謳っているとしても、普通は、それは税務の視点から解決することを専門にしていると考えるべきです。(下図の斜線部分が専門領域になる)

そのため、経営者が求めているものが、『事業承継』における贈与税・相続税対策などであれば、それで全く問題はないのですが、仮に、親族以外のものに事業を承継しようと考えているような場合には、それでは対応できない可能性が高いと思います。

士業やコンサルタントと経営者の視点の違いの解説図

それでも、上述のように対策すべき課題が明確になっている場合には、税理士の方も、他の専門家に相談するよう忠告してくれるでしょうから、まだマシです。

実際には、経営相談をしていると、本当の問題点を、『経営者』自身も認識できていないケースが多いのです。

そのような場合には、経営者は、そもそも経営相談すべき相手に、経営相談に行っていないということになります。

例えば、会社組織の人間関係に問題があることが根本原因で、新規に参入した事業の売上が伸びていないとします。しかし、経営者は売上が伸びないことだけしか把握できていなければ、その業界に詳しいマーケティングのコンサルタントに経営相談にいく可能性が高いでしょう。

きっと、そのコンサルタントは、一生懸命にアドバイスをしてくれると思います。

しかし、そのアドバイスは、その会社にとって、本当に必要なアドバイスではないため、根本的な解決には繋がらないのです。

経営者の皆様、どうでしょうか?

このような事例は、あなたの周りにも、結構あるのではないでしょうか?

経営者の方が思うより、適切な経営の相談相手を見つけることは、ずっと難しいのです。

身近にいるなどの安易な理由で、経営の相談相手を選んで大丈夫でしょうか?

白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」が、『経営相談』に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。