フリーミアムと、無料の経営相談、有料の経営相談

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

経営者の皆様、『フリーミアム』というのをご存知ですか?

『フリーミアム』とは、基本的なサービスや製品を無料で提供し、それらのサービスや製品を高機能化するようなサービスや製品を有料で提供するというビジネスモデルのことです。

例えば、ファイルなどを、クラウドで保管するサービスである、DropBoxなどは、少ない容量ならば、無料で利用できますが、利用する容量を大きくしたい場合には、有料サービスとなります。

Evernoteだと、有料になると使える機能が増えたりします。

『フリーミアム』というビジネスモデルが成立するためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。

例えば、無料で行うサービスや、無料で配布する製品に関して、多額のコストがかかるような場合だと、商売として成立させることは難しいでしょう。

ですから、『フリーミアム』は、どのような業種の会社でも簡単に採用できるものではなく、WEBサービスなどの会社で、よく採用されています。 

一方、私が属する士業ないしはコンサル業の世界にも、決して『フリーミアム』ではありませんが、私には、何だか『フリーミアム』のように映っているものがあります。

それは、公共機関などの窓口で行われている『経営相談』と、私企業である各事務所やコンサル会社などの窓口で行われている『経営相談』の関係です。

私などは、たまに『民業圧迫だ!』などと思ってしまうこともあるのです(笑)が、両者は、それぞれ違うニーズに対応しているので、それはそれで住み分けができているのだと思います。

例えば、『事業再生』といったような問題の場合、各地の無料相談センターに駆け込むのは、問題が顕在化してからだと思いますが、その場合には、これから生じるマイナスをどれくらい小さくできるかという観点からの対応になるのだと思います。

しかし、『事業再生』といったような問題は、実は、ずっと昔から会社内に内在されているので、問題が顕在化する前に手を打てるのであれば、そもそもマイナスが生じる前に対応することができるのです。

優良な会社が、経営顧問を持つのは、このような『問題が顕在化する前に対応することができる』ことのメリットの大きさをよく知っているからです。

お金を払うからには、当然、理由があります!

それに、問題が起きてからの対応であっても、経営相談事務所やコンサル会社の場合には、やはり親身になって対応すると思います。

そこでの対応の高評価が、次の仕事の獲得につながるわけですから、それは当然のことです。

優良な経営顧問を持つ会社は、当然、そのことも知っています。

そして、支払う顧問料よりも、それによって得られる利益の方がずっと多いことも。

白石茂義公認会計士事務所・白石茂義税理士事務所・白石茂義中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」が、『経営相談』に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。