「B to B」?それとも「B to C」?

この度は、白石茂義公認会計士事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、「B to B」と「B to C」について解説してみたいと思います。

「B to B」とは? そして 「B to C」とは?

中小企業の経営者であるあなたは、「B to B」、「B to C」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「B to B」というのは、「Business to Business」の略のことであり、企業向けにビジネスを行うことを意味します。「B2B」と表現されることもあります。

一方、「B to C」というのは、「Business to Customer」もしくは「Business to Consumer」の略ことであり、一般消費者向けにビジネスを行うことを意味します。「B2C」と表現されることもあります。

「B to B」?それとも「B to C」?

尚、昔は、インターネットを使った電子商取引に対して使われていた用語でしたが、最近では、一般の商取引についても使われています。

「B to B」と「B to C」どちらが得か?

「B to B」と「B to C」の一番大きな違いは、一取引単位ごとの取引規模の大きさでしょう。

「B to B」が、企業という組織が取引相手であることが多いのに対し、「B to C」は、一般消費者という個人を取引相手にすることが多いのですから、一取引単位ごとの取引規模に差が生じるのは当然です。

そして、「B to B」と「B to C」とでは、「B to B」の方が、取引をする相手の数が限られる場合が多いことから、取引がリピートされる可能性が高く、取引が安定化しやすいといえます。

それに、一般的に、「B to B」の方が、「B to C」よりも利益率が高いことが多いです。

以上のようなことから、「B to B」の方が、「B to C」よりも、従属的な関係(つまり、取引相手の意向に逆らえないということ!)になりやすい反面、経営が安定しやすいといわれています。

B to BとB to Cの比較表

ちなみに、下請け取引は、典型的な「B to B」ですが、多くの中小企業が下請け企業に甘んじているのは、経営が安定しやすいという「B to B」のメリットがあるためです。

(今は、取引相手の意向に逆らえないというデメリットの方が、ずっと大きくなっているのですが……)

一方、「B to C」の場合、一般消費者という多種多様な購買者を相手にしますから、「B to B」と違って、彼らの選好に影響を受けやすく、マーケティング力やブランド力の強さが、事業が成功するか否かの重要なカギを握ることになります。

ただ、「B to C」の場合、個人を相手にすることから、現金商売の形態が多く、キャッシュフローの面では、「B to B」よりも有利かも知れません。

それに、「B to C」の場合、消費財の最終的な購買者が顧客になりますから、市場のニーズやウォンツに関するデータを把握しやすく、これらを活用することで、取引における主導権を握れる可能性が高くなります。

「B to B」「B to C」それぞれに特徴があります!

このように、「B to B」と「B to C」、あなたがどちらを選択するのかで、あなたの経営スタイルは、大きく影響を受けることになります。

さて、あなたはどちらを選んだのでしょうか?

次回は、「バンドワゴン効果」についてお話ししたいと思います。

前へ←      →次へ

白石茂義公認会計士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。