人材不足と経営者の仕事?

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所のホームページのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

人材難の時代が到来??

中小企業の経営者の方に、「今、困っていることは何か?」と問いかけると、結構な割合で「人がいないこと」と答えるのではないでしょうか?

少し前までは、人材不足という問題は、介護などの特定の現場だけの問題でしたが、今では、日本のあらゆる職場において、かなり深刻な問題になりつつあります。

もしかしたら、今は人件費の安い非正規雇用で対応できていても、将来的には、正規雇用でなければ誰も見向きもしてくれないという時代が到来するかも知れません。

需要と供給の関係で説明すると、国が、外国人労働者を積極的に受け入れるという政策を採用しなければ、将来的に、労働に関する供給量が減ることは間違いありません。

そうなると、残念ながら、大企業と比較して、魅力が乏しい(ように見えてしまう)中小企業では、何かしらの工夫をしなければ、優秀な人材を獲得するのは、ますます困難になり、仕事はあっても、人がいないという理由で会社が倒産するというようなことも起こりえます。

人が集まらないので、会社が倒産??

そこで、そんなひどい事態になる前に、他社より先んじて、少しでも優秀な人材を獲得しておくための対策が必要になるでしょう。

対策としては、従業員の待遇を改善するという対策と、従業員に裁量権を与えて仕事の魅力を引き出すという対策の二つが考えられますが、中小企業の場合、前者の従業員の待遇を改善するという対策には資金がかかりますし、後者の従業員に裁量権を与えて仕事の魅力を引き出すという対策についても、仕事の内容が単調であるというような場合には、そもそも仕事に裁量の幅がないということにもなりかねません。

経営者の仕事

それでも、何も対策を打てないのであれば、仕事を回すのに必要な人員が集められないという事態が待っているだけです。

そこで、中小企業であったとしても、従業員の待遇を改善するという対策と、従業員に裁量権を与えて仕事の魅力を引き出すという対策のいずれか、又は、両方ともに取り組んでいくことが必要になりそうです。

しかし、ここで間違えないでください。

あなたの目的は、従業員に気に入られる会社にすることではありません。

従業員にとって望ましい会社にすることは、あなたの会社の魅力を高めて、必要な人員を確保できるようにするためのものです。

あくまでも、あなたの目的は、会社の利益を得られるようにすることです。

あなたの目的は、会社の利益を得られるようにすること・・・

ですから、経営者としては、シビアに、人員確保にかかるコストと、それによって得られる利益との関係を把握しておく必要があります。

コストをかけても利益が得られないのであれば、それは無駄な投資でしかありません。

そのことを、適切な管理会計を構築して、把握しておく必要があります。

人を雇うことも、結局は、儲けるための投資なのであり、慈善事業ではありません。

非情に見えるかも知れませんが、それが経営者の仕事なのです・・・

白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、中小企業の経営者の皆様の経営相談に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。