経営戦略としては正しくても・・・

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所のホームページのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

無償アップグレードについて思う・・・

実は、私がメインで使っているパソコンのOSはWindows7なのですが、ある日、全く身に覚えのないWindows10へのアップグレードの予約がされていました。

知らない間にアップグレード??

それまでにもWindows10への無償アップグレードのお知らせのウィンドウがしょっちゅう開くので、開くやいなや、内容もろくに確認せずに、すぐに閉じていたのですが、その時は、たまたま、Windows10への無償アップグレードのウィンドウのお知らせの内容に目を通したため(虫の知らせか?)、Windows10へのアップグレードの予約がされているのを確認することができたという状況でした。

もちろん、すぐにアップグレードの予約をキャンセルしましたが、さすがに焦りました。

それからは、“Windows10を入手する”アイコンをまめにクリックし、勝手に予約をされていないかをチェックするようにしています。

今回の、マイクロソフト社のWindows10への無償アップグレードというのは、スマホやタブレット端末などのパソコン以外のコンピューター端末が非常に増加したことから、パソコンのOSでは圧倒的な強者であったマイクロソフト社が危機感を頂き、WindowsというOSについて、フリーミアム戦略を採ることで、巻き返しを図ろうと意図したものではないかと思っています。(尚、フリーミアム戦略については、フリーミアムと、無料の経営相談、有料の経営相談を参照のこと。)

多くの人にとっては、うれしいサービスなのかも知れません。

でも、私の場合には、Windows10と互換性がないアプリケーションソフトをいくつかインストールしてあったり、パソコンに内蔵されているブルーレイディスクプレイヤーが、アップグレードをすると動作しなくなったりするため、Windows10へのアップグレードをするつもりはないのです。

新しい規格の製品を販売するための方法?

でも、よく考えると、新しい規格の製品を販売するために、古い規格の製品からの変更を、半ば強制するっていうのは、意外に多いような気がします。

例えば、一部の消耗品をカートリッジ式にして、これを取り換えることで、本体を長く使えるようにしている製品であっても、いつの間にかカートリッジの形なんかを変更して、本体についても新しいものに買い替えないと使えないようにしている場合などです。

ゲーム機なんかもそうかも・・・

ユーザーが使いやすいように仕様を変更した結果、やむなくそのようにせざるを得なかったのか、それとも、少しでも販売数を増やすための意図的な変更なのかは分かりませんが、消費者側からすれば、こんなことをしょっちゅうされると、あまりいい気がしないのではないでしょうか?

消費者の言いなりになってしまう必要はありませんが、消費者の気持ちを無視していると捉えられかねないようなことをするのは、今のような時代には、賢いやり方ではないように思います。

あまりにも自分本位の経営スタイルだと、気がつくと、交換されるのは自分の方だったりするのかもしれませんので、そこはくれぐれもお気をつけください・・・

白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、中小企業の経営者の皆様の経営相談に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。