計画通りに事業再生が進んでいない場合には……(中小企業経営者のための事業再生!その14)

この度は、白石茂義公認会計士事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、「代位弁済」について考えてみたいと思います。

これからは銀行との交渉がもっと難しくなるかも?

2019年6月5日の日本経済新聞に「不良債権 処理費用3倍に」という記事が掲載されていました。

前々回の事業の収益性を改善する手続きを策定するためには……(中小企業経営者のための事業再生!その12)でも少しだけ触れましたが、やはり「中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)」により延命されてきた中小企業の再建が上手くいっていないようです。

このまま行くと、今後は多くの銀行で、リスケジュールなどを行っている貸付先への対応を厳格化する可能性があります。

なぜなら、これまで銀行は、貸付先に「実現可能性の高い抜本的な経営再建計画(略して、「実抜計画」といいます。)」などの要件を満たした経営改善計画を策定させることで多額の貸倒引当金の計上を回避してきましたが、貸付先の再建が遅々として進まないことで、不良債権として多額の貸倒引当金の計上をしなければならない危険が高まっているからです。

言われるままに経営改善計画を作ってきたが……

そのため、事業再生を行っているあなたの会社が、計画通りに再建が進んでいるのであれば特に問題はないのですが、もし、再建が計画通りに進んでいないのであれば、これからは銀行との交渉がもっと難しくなるかもしれません。

信用保証協会の保証付きの融資の場合……

もしかして、あなたの会社がリスケジュールをしてもらっている借入金は信用保証協会の保証付きの融資でしょうか?

もしそうなら、先ほど説明したような理由から、銀行がこれまでのようにリスケジュールの延長を簡単には認めず、信用保証協会へ代位弁済を請求する可能性があります。

そして、実際に代位弁済されると、銀行との金銭消費貸借契約は終了することになりますが、信用保証協会が債務者に代わって返済を行ったことで求償権を取得するため、今後は信用保証協会へ代金の返済をする義務が生じます。

代位弁済された場合、代位弁済された企業の信用力はガタ落ちになります。

信用力がガタ落ちに……

そのため、仮に他の銀行へ融資の申込みをしたとしても、基本的に信用保証協会が信用保証をすることはないので、銀行が新たな融資に応じてくれることはありません。

もちろん、理屈の上では、銀行がプロパー融資(=信用保証協会の保証が付いていない融資のこと)を行うのであれば、新たな融資に応じることは可能ということになりますが、代位弁済された企業にプロパー融資をする銀行がいるとは思えませんので、事実上、信用保証協会への返済が完了するまでは融資を受けられなくなります。

一方、代位弁済されると、これまでのように追加の信用保証料の支払いや利息の支払いをしなくてもよくなりますが、その代わりに、遅延損害金が元金に対して年利14.6%かかることになります。(但し、実際にはそんなに高い年利を請求していない場合が多いようです。)

又、信用保証協会との交渉は、保証協会債権回収株式会社(通称:保証協会サービサー)が窓口になりますが、きちんと交渉を行うことで、月々の返済額を妥当な範囲の金額にしてもらうことも可能です。

尚、信用保証協会との交渉では、これまで銀行との交渉で提出していた資料(資金繰り表など)とほぼ同じものを提出することになります。

代位弁済されても再起するチャンスはあります!

その13へ←   →その15へ

白石茂義公認会計士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。