前受金ビジネスの闇?(知っているつもり?キャッシュフロー経営!その16)

この度は、白石茂義公認会計士事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、キャッシュフロー情報だけを重視する場合の前受金の危険性について考えてみたいと思います。

なぜ、“てるみくらぶ”や“はれのひ”の事件は起こったのか?

TVや新聞で報道されていたことぐらいしか知りませんが、それでも、格安旅行会社“てるみくらぶ”や、振袖の販売やレンタル事業などを営んでいた“はれのひ”が起こした事件のきっかけについてはおおよその見当がつきます。

それは、「前受金ビジネス」の特性からくる危険です。

前受金ビジネスとは、顧客に財やサービスなどの提供をする前に、代金の全部又は一部を事前に手付金として受取る事業形態のことをいいますが、本来ならビジネスとしてはとても成立しないような不採算の事業であっても、そのまま事業を続けられるという危険が潜んでいます。

なぜなら、通常のビジネスと違って、仕入や経費の代金支払いによるキャッシュ・アウトよりも、前受金のキャッシュ・インの方が先行するために、利益が出ない事業であっても資金繰りが何とかなってしまうからです。

収入-支出=キャッシュ残高

逆の説明をすれば、前受金ビジネスをしているにもかかわらず、資金繰りが厳しいようなら、そのビジネスは既に破綻しています。

正に、格安旅行会社“てるみくらぶ”や、振袖の販売やレンタル事業などを営んでいた“はれのひ”が起こした事件の場合がそうでした。

意外に怖い、前受金の存在……

実は、前受金というのは、会計的には借入金などと同じ「負債」なのですが、売上収入と同じようにキャッシュ・インをもたらすものなので、キャッシュフロー情報ばかり見ていると、あまり警戒することがありません。

前受金は負債……

けれども、売上収入と違って前受金の場合には、代金を受け取った分の財やサービスなどを顧客に提供する義務が生じますから、万が一、財やサービスなどを提供することができなければ、顧客に代金を返済しなければなりません。

つまり、前受金は顧客からキャッシュをただ預かっている状態のものですから、顧客から借入れをして手元のキャッシュを増やしているのとそんなに変わらないのです。

しかも、手元のキャッシュを見ただけでは儲けているかどうかは分かりませんから、利益が出ていないのにもかかわらず、資金繰りが何とかなるからといってズルズルと事業を続けていると、販売の増加が止まった途端に資金繰りがつかなくなり、慌てて金策に走ることになります。

しかし、この時には既に破綻していますから、正攻法で立て直すことは難しく、多くの人が違法な手段に手を染めることになるのです。

このような事態を防ぐには、キャッシュフロー情報だけを重視するのではなく、利益情報についても同じように重視しなければなりません。

利益情報も、キャッシュフロー情報も、どちらも同じく大事!

尚、すごく極端な設定ですが、このことに関連する超簡単な設例をキャッシュフロー情報さえあれば、経営判断を誤ることはないのか?(知っているつもり?キャッシュフロー経営!その3)で紹介していますので、興味のある方は参照ください。

その15へ←  →その17へ

白石茂義公認会計士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。