良い借入れ?悪い借入れ?(知っているつもり?キャッシュフロー経営!その15)

この度は、白石茂義公認会計士事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

このブログ記事は、2018年4月26日に改題・更新しました。

今回は、キャッシュフロー経営における借入れの影響について考えてみたいと思います。

借入れに“良い”“悪い”はあるのか?

キャッシュフロー経営の観点から借入れについて考えてみると、借入れはキャッシュ・インをもたらすという点で売上収入と変わりはなく、そのような意味では借入れに“良い”も“悪い”もないはずです。

けれども、借入れは返済時にキャッシュ・アウトを伴いますから、この点を考慮すると、借入れが企業経営に与える影響を無視することはできません。

例えば、将来の売上収入を増やすために、借入れにより設備投資をする場合を考えてみましょう。

この場合、借入れの返済によるキャッシュ・アウトのための財源は、その後の売上収入の増加によるキャッシュ・インということになるでしょうから、予定通り売上収入が増加するならば、企業経営には大きな影響を与えません。

望ましい資金循環のパターン

それでは、借入額よりも売上収入の増加の方が少なかった場合についてはどうでしょうか?

この場合、借入れの返済によるキャッシュ・アウトのための財源が足りなくなりますから、この危機を回避するには返済を引き延ばすしかなく、借り換えを行うか、返済を待ってもらうぐらいしか方法がありません。

ただ、この場合であっても、借入れの返済によるキャッシュ・アウト以外の支出については売上収入により賄えているのであれば何とかなります。

問題は、借入れの返済によるキャッシュ・アウト以外の支出についてまでも借入れに依存しなければならないような状態が続いている場合です。

残念ですが、こうなると借入れをしても返済の目途が立ちませんから、ただ経営破綻するのを先延ばししているだけ……ということになるでしょう。

望ましくない資金循環のパターン

つまり、“良い”借入れとは、返済の財源となる売上収入を増やすことに繋がる借入れのことであり、“悪い”借入れとは、返済の財源となる売上収入を増やすことには繋がらず、ただ問題を先送りしているだけのような借入れということになります。

“良い借入れ”と“悪い借入れ”を分けるもの、それは……

このように、借入れという行為そのものには“良い”も“悪い”もありませんが、その後の売上収入がどうなるのかが“良い”借入れと“悪い”借入れの分かれ目となります。

このことは、たとえ少額の借入れであったとしても、その後の売上収入がどんどん減少すれば“悪い”借入れとなり、逆に、無謀とも思えるような多額の借入れであったとしても、その後の売上収入がどんどん増加するようなら“良い”借入れになるということです。

もちろん、借入れを一切しないで企業経営を行えるのなら、こんなことを気にしなくてもよいのでしょうが、現実にはかなり難しいでしょう。

ちなみに、仕入債務も借入金と何ら変わるものではありません。(厳密には、仕入債務は原材料などの購入代金を後払いすることを仕入先と約束したもののことですが、これを仕入先から仕入代金分の資金を借入れ、その資金を使って原材料などを購入したと考えれば、通常の借入れと何ら変わらないことになります。)

さあ、売上収入を増やせるのかどうか?経営者としてのあなたの手腕が問われています!

借入金も仕入債務も基本的に違いはありません!

次回は、キャッシュフロー情報だけを重視する場合の前受金の危険性について解説してみたいと思います。

白石茂義公認会計士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。