決算書の読み方!その3

この度は愛媛県今治市の白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所のホームページのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

検索エンジンにより、いきなりこのページに飛んできた人は、その1から読まないと理解できないと思いますので、お手数ですが、その1から読んでみてください。

貸借対照表について 続き

昔ならば、資産の価値はじわじわと上昇していました。

ですから、貸借対照表の資産の部に計上されている資産を調査・査定すると、不動産などを中心に、実際の額の方が大きいなんていうこともありました。

けれども、今はデフレの時代です。貸借対照表の資産の部に計上されている額よりも、実際の額の方が大きいなどというのはほとんどありません。

銀行が、貸借対照表に修正を加えて、実際の返済能力を把握しようとすると、資産の部に計上されている額は小さくなってしまうのが一般的でしょう。

そうなると、純資産の部の金額は、当初の額よりも小さくなり、場合によってはマイナスになってしまうこともあるのです。

他にも、貸借対照表に計上されていない借入金などがあるような場合には、負債の部に計上されるべき額が大きくなるので、純資産の部の金額は、当初の額よりも小さくなり、場合によってはマイナスになってしまいます。

貸借対照表の図②

このように、銀行が調査・査定をした結果、修正後の貸借対照表の純資産の部がマイナスになってしまうようだと、回収可能性に疑いを持たれ、融資は難しくなります。

損益計算書について

次は、損益計算書です。

損益計算書というのは、利益のプラス要因である収益と、利益のマイナス要因である費用とを対比させる形で、利益を示している表です。

損益計算書の図

ただ、最終的な利益を示すだけでは、どのような利益が生じているのかがよく分からないため、実際の損益計算書は、下の図のように、段階的に利益を示す方式を採用しています。

そのため、利益には、売上総利益(粗利益とも言います)、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益があります。

損益計算書の図②

銀行は、これらのうち、当期純利益に着目します。

なぜなら、借入金を返済する能力があるのかどうかは、この当期純利益が十分に出ているかどうかを見ることで判断できるからです。

借入金を返済するのには、当期純利益が黒字でなければなりません。

つまり、税金を支払った残りの利益こそが、借入金を返済するための原資になるのです。

その2でも述べたように、銀行業というビジネスモデルは、低利で広く資金を集め、低利で広く資金を貸出すというものですから、銀行が利益を出すためには、そもそも回収不能割合を高くすることができません。

そのため、いくら融資を依頼されたとしても、当期純利益がマイナスの会社は、元本が回収できない可能性が極めて高いと予想されるので、特別な事情でもない限り、銀行は融資をしようとはしないでしょう。

もちろん、損益計算書についても、銀行は、ありとあらゆるチェック項目を設けて、内容に矛盾がないかを徹底的に調査します。

調査の結果、修正後の当期純利益がマイナスであれば、回収可能性に疑いを持たれ、融資は難しくなるでしょう。

白石茂義公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、中小企業の経営者の皆様の経営相談に応じております。

特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、お気軽にお問い合わせください。