税理士を変更しようと思うとき・・・

経営者の皆様、税理士を変更しようと思うときは、どんな時なのでしょうか?

一昔前ならば、競争が実質的に規制されていたことなどもあって、税理士を変更するなどということは、ほとんど生じていなかったと思います。

どんな時に、税理士を変更しようと思うのか?

税理士の変更理由をインターネットで検索してみると、色々出てきますね。

そこで、これらを大きく分類してみると、

  1. 経営者の交代をキッカケにして
  2. 税理士の対応に不満が生じたため
  3. 報酬が高いと判断したため  

などに分けられるようです。

私などは、どれも『時代だなぁ』とのんきにも思ってしまいます。


1.については、一昔前だったら、先代が紹介により税理士を決めていた場合などには、紹介者の顔をつぶすようなことにもなりかねないと、税理士を変更することを躊躇していたのではないかと想像されます。

それに、自分で信頼できると思う税理士を探すこと自体が、すごく難しかったでしょうし。


2.についても、一昔前だったら、1.と同じように、紹介者の顔をつぶさないように配慮したり、信頼できると思う税理士を探すことが難しかったりするので、我慢していたんでしょうね。


3.については、2.もそうだと思いますが、一昔前には、そもそも他に比較する税理士が見当たらないため、『他もそうだろう・・・』って思っていたんだと思います。

そして、今・・・

経営者の交代をキッカケに、税理士を変更することに抵抗感はありません。

又、競争が自由化し、税理士の情報もインターネット経由で簡単に入手できるようになったので、比較が容易になりました。

今や税理士の世界は、都市部を中心に、大競争時代を迎えています。

そこで、経営者の皆様、再び質問です。

変更したいと思う税理士に望むことは何でしょうか?

報酬の安さでしょうか?それとも、提供する業務の内容でしょうか?

 

もし、望むことが、報酬の安さなのだとしたら、トータルとしての報酬の額にも気をつけてみて下さい。

顧問報酬などの目立つ報酬については安く設定し、その他のあまり目立たない業務の報酬を高く設定したりして、トータルでみた場合、結局は変わらなかった・・・っていうケースもあり得ます。

税務の専門家が経営の専門家とは限らない!

もし、望むことが、提供する業務の内容なのだとしたら、それは、税務に関することですか?それとも経営相談などに関することですか?

万が一、経営相談などに関することなのだとしたら、それは、そもそも顧問税理士に望む業務ではないのかも知れません。

税務の専門家と、経営の専門家は、もともと違うものですから。