経営が先か?それとも、会計が先か?(経営と会計の気になる関係?その1)

この度は、白石茂義公認会計士事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

このブログ記事は、2018年7月16日に改題・更新しました。

今回は、経営と制度会計の関係について考えてみたいと思います。

「制度会計が先にあって、その後に経営が続く」というような関係は成立するのか?

中小企業の経営者であるあなたは、経営と制度会計*の関係について考えてみたことがあるでしょうか?

*決算書などを作成するために行われる会計のことです。

もちろん、あなたは大丈夫だと思いますが、経営者の中には「タマゴが先か?ニワトリが先か?」という関係と同じようなものだと思ってしまう方がいるようです。

タマゴが先か?ニワトリが先か?

念のために申しておきますが、経営と制度会計の関係については、「経営が先にあって、その後に制度会計が続く」という関係になるのであって、「制度会計が先にあって、その後に経営が続く」というような関係になることはありません。

但し、これは制度会計が経営に何らの影響も及ぼすことがないという意味ではなく、あくまでも順序についての話です。

そもそも、制度会計とは企業活動の結果を金額により測定して記録し、それを報告するためのものですから、企業活動の内容を決めている経営よりも先にくることは原理上あり得ません。

そこで、あえて「制度会計が先にあって、その後に経営が続く」というような関係がどういうものなのかを考えてみるとすれば、例えば、実際には利益が出ていないのに、粉飾をして利益が出ているように見せかければ、それに合わせて経営状態も改善されていく……といったような関係が考えられます。

もちろん、このような関係が実際には成立しないことは誰にでもすぐ分かるでしょう。

不適切会計という用語を使っていても……

一方、世の中には「不適切会計」という用語も存在します。

不適切会計?

不適切会計というのは、会計処理や会計判断が適切でなかったことを意味する用語ですから、この用語だけでは誤りが故意になされたのかまでは分かりません。

ただ、2015年に発覚した「東芝不正事件」は、当初は不適切会計の問題として報道されていました。

つまり、これらの事件はあくまでも会計処理や会計判断の仕方に問題があったという扱いだったのです。

しかし、調査が進むにつれて、当初伝えられていたよりも経営状態が悪化していたことが次第に明らかとなり、一部の報道機関が「不正会計」という用語に切り替えて報道するようになりました。

尚、「不正」という用語は意図的な誤りがなされた場合に使われるものです。

結局、東芝不正事件は経営陣の業績見通しの甘さが原因で起きたものであり、その尻拭いのために不正な会計処理が行われていたことが明らかになりましたが、このことは正に「経営が先にあって、その後に制度会計が続く」という関係を示したものだといえるでしょう。

やっぱり、経営者がどんなに取り繕ったとしても、「制度会計が先にあって、その後に経営が続く」というような関係が成立するはずはないということですね……

次回は、経営戦略と管理会計の関係について解説したいと思います。

白石茂義公認会計士事務所では、士業コンシェルジュというコンセプトのもと、特に、愛媛県松山市、今治市、新居浜市、西条市の経営者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

必要の際には、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。